カウボーイが愛したWrangler

Wranglerはもともと作業着メーカーでウェスタンウェアを扱うブランドの一つでした。ブランドの母体であるブルーベル社は幾多のワークウェアメーカーとの統合を繰り返していたため、その創業経緯についてははっきりとしていません。他とはひと味違ったそのジーンズはカウボーイだけではなく現代のバイク乗りにも愛されるブランドと言えるのではないでしょうか。

Wranglerの歴史

1947年、ブルーベル社はそれまでのワークウェアの企画・製造からウェスタン分野への進出を果たします。1943年にブランド名のWranglerを取得し、同時にハリウッド映画の衣装デザイナーにデザインを依頼。それまで「ワークウェア」「ワークパンツ」と呼ばれていたジーンズを「ジーンズ」という名称で発表し、カウボーイたちの意見を取り入れたジーンズはたちまち人気となりました。

その後もカウボーイ向けのジーンズを次々と発表したWranglerは、その地位を強固なものとしていき1975年には「13MWZ」が全米プロ・ロデオ・カウボーイ協会の公認ジーンズに指定されました。暴れ馬や牛を乗りこなすロデオにはとてもハードな動きが要求されるため、ジーンズには頑丈さの他に馬上の動きをサポートできる機能が必要になります。アメリカ伝統のこの競技で「公認ジーンズ」として認められたことは大変名誉なことなのです。

「Wrangler」という名前の誕生

一般的にブランド名は企業の上層部で決定されることが多いのですが、Wranglerの場合は民主的な方法でその名前が決められました。なんと、社員全員を集めた投票で決定されたのです。いくつかの候補の中の1つだった「Wrangler」という言葉には「カウボーイ」という意味があります。ブルーベル社の財産とも言えるその言葉は社員たちの圧倒的な支持を受けて新しいブランドの名前として選ばれました。このような民主主義的な背景もWranglerの魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。

デザイナーズジーンズの発表

世界で初めてデザイナーズジーンズを発表したのがWranglerです。Wranglerのブランド名が誕生した1943年、彼らは新しい分野に進出するためハリウッド映画の衣装デザイナーであるロデオ・ベンに新商品のデザインを依頼しました。主にウェスタン映画の衣装を手がけていたロデオ・ベンがデザインしたそのジーンズは、カウボーイたちの意見を取り入れながらもウェスタンのイメージを強く押し出したデザインにより人気を集めることになりました。

こうしたデザインはファッションのひとつとして定着しています。Wranglerを身につければ、男性らしさを女性にアピールすることができるでしょう。中高年であったとしても、まだまだ現役としての魅力を手に入れられます。しかし、男性らしさはファッションだけではありません。しっかりベッドの上で女性をエスコート出来るような力強さも必要でしょう。そのためには中高年特有の下半身の問題をクリアしておく必要もあります。その際に役に立つのがバイアグラのようなED治療薬です。このお薬を服用すれば、男性としてのプライドを取り戻せるはずです。ファッションもフィジカルも男らしくあるために、ぜひ検討してみてください。

ウェスタンの一時代を築いたとも言えるWrangler。現在ではその母体であるブルーベル社は消滅し、そのブランド名を残すのみとなりました。ブランドの設立から現在まで一貫して変わらないウェスタンスタイルへのこだわりをあなたのファッションに活かしてみてはいかがでしょうか。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.