「職場にジーンズ」はアリかナシか

職場での服装は、ひと昔前よりは自由になってきているとはいえ、まだまだジーンズは許容されているとは言えません。特に、金融関係などお堅い業界ではジーンズは禁止となっていることが多いです。実際、「職場にジーンズ」はアリなのかナシなのかについて考えてみましょう。

オフィスではジーンズ禁止のところが多い

特に、オフィス内で働く場合は、ジーンズ着用を禁止している職場が多いでしょう。ジーンズはどうしてもカジュアルな服装になるので、仕事着としてはふさわしくないとの判断をする職場が多いからです。

特に、金融関係などお堅いイメージがある職場では、仕事中の着用禁止だけでなく、通勤時にもあまり良い顔をされないようですね。ジーンズは、オフの場で着用するものという見方がまだまだ根強いのです。

ジーンズ着用禁止は、男性だけではなく、女性にも同様に言えます。女性の服装は、男性よりも厳しく問われないことが多いにしてもジーンズだけは例外です。一般的なオフィスでジーンズ着用がスーツに換わって堂々と認められる日が、いつかやってくるのでしょうか。

IT企業やクリエイティブな職場はOKの場合も

ただし、IT企業やクリエイティブな職種はジーンズをはいていても問題無いとしているところもあります。IT企業やクリエイティブな職場だと、型にはまった服装はむしろナンセンスとみなされるでしょう。

柔軟な発想が求められる職種だからこそ、勤務中の服装も自由であり、ジーンズ姿でも問題ないとしているわけですね。実際、IT系の企業やクリエイティブな職場を覗いてみると、ジーンズで仕事をしている人を多くみかけます。リラックスしている状態でないと良い仕事ができない、と判断してジーンズでもOKとしているのでしょう。

また、上記以外のところでも自由な社風を謳っている企業では、ジーンズ姿の社員をみかけることもあります。結局は、企業の社風やトップの考え方しだいといったところでしょう。

普段着のイメージをぬぐうのは難しい

ジーンズが普段着であることは、紛れもない事実ですし、カジュアル感をぬぐい去ることはできませんよね。いくら染めがダークな色で均一色であっても、フォーマルな場所にふさわしいかと言われると、かなり難しいことは理解していただけるでしょう。

でも、世の中の風潮は徐々に変わってきています。企業の中には、カジュアルな服装で出勤しても良い曜日を定めているところもあるでしょう。現在は、カジュアルな服装と言ってもジーンズはまだ認められていないことも多いのですが、将来的にはわかりません。

ジーンズでも、フォーマルな場所にふさわしい品質の物、清潔感を感じる物であれば将来的には認められる可能性もあるでしょう。あとは、着る人の着こなしとセンスに大きくかかっています。質の良いジーンズでも、だらしなく見えたり、不潔に見えたりするようでは職場にジーンズをはいてくることに反対する人も、増えてしまうでしょう。

まとめ

「職場にジーンズ」はアリかナシか、と言われるとまだ過半数の職場では、ナシと言われるのが現状でしょう。実際に、自分の職場でジーンズをはいて問題ないかどうかは、職場の規定によります。IT企業やクリエイティブな職場は、比較的自由にはいていけるようですね。しかし、自己判断でジーンズをはいて出勤して上司にたしなめられた、という人もいますので、注意してくださいね。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.