ジーンズの出来を左右する、洗い方をマスターしよう

ジーンズの出来を左右するのは、やはり洗う工程。ここでミスをしてしまうと、せっかく長い間はきこんだリジッドデニムが台無しになってしまうかもしれません。ある程度はきこみ、仕上げで洗う場合と買ってきてすぐに洗う場合。それぞれの方法によってどのように色落ちするのか、上手にノリを落とす方法とあわせておさえておきましょう。
洗うタイミングによって色落ちの仕方は違う
まずおさえておきたいのが、リジッドデニムを洗うタイミングによって色落ちの仕方が違うということ。ネットなどで調べてみると、リジッドデニムは購入したらすぐに洗った方がいい、という場合もあれば逆に洗わずにしばらくはきこんだ方がいい、という場合もあります。調べれば調べるほど、迷ってしまうでしょう。
そんなときは、色落ちの仕方で選んでみてはいかがでしょうか。まずノリがついた状態のまま、しばらくはきこんだ場合。こちらは生地がかたいので、ジーンズ自体にシワがつきやすくなります。なのでシワ部分がはっきりと色落ちした、コントラストの強いジーンズができあがりやすいよう。一方で買ってきてすぐに洗い、ノリを落とした状態ではきこむと生地がやわらかくなるのでシワ部分はそこまではっきりと色が落ちず、淡い感じに仕上がるのだそうです。もちろん基本となるリジッドデニムによって仕上がり方は変わってきますが、傾向としておぼえておくと便利です。
リジッドデニムの洗い方のコツ
では実際に洗うとき、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。まずはおそらくこれで失敗する人は少ないでしょうが、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機に放り込むことは厳禁。そう簡単にノリは落ちませんし、ほかの洗濯物に確実に色移りします。さらに洗濯気をつかうときは、裏返してから投入するようにしましょう。表のまま洗濯機に入れてしまうと摩擦によって思わぬ部分に色落ちが出てきてしまうことがあります。せっかくはきこんできたのに、洗濯機で台無しにしては大変ですね。大事なポイントですので、ぜひおぼえておいてください。
そして洗剤は使わないのがおすすめ。洗剤を使うのが厳禁、というわけではないですが使わないことを推奨していることが多いです。またどうしても汚れが気になって使いたいときは蛍光剤や漂白剤の入っていないタイプを使いましょう。リジッドデニム用の洗剤もあるようですので、不安ならそれを使ってもOKです。
最後のポイントは、干すとき。干すときは裏返しのまま、陰干しがおすすめ。あえて乾燥機を使い、しっかりと縮ませる人もいますがあまり縮ませたくないなら陰干ししましょう。生地が厚いのでなかなか乾かないので、陰干しでも風通しがいい場所を選んで干すこと。風通しが悪い場所だとカビが生えてしまうこともあるので、注意が必要です。
またリジッドデニムの洗い方は、人それぞれこだわりがあるのであえて基本から外れることもあります。ジーンズを育てている人にとって、洗い方は永遠の課題となるべきものなのだそう。毎回様々な試行錯誤をして、ベストな状態になる独自の洗い方を探すんだそうですよ。もちろん裏返すことや浸け置きなど、守るべき基本はありますが毎回同じではなく、ときには違う方法を取り入れてみると風合いに変化が出ておもしろいかもしれませんね。ジーンズを育てるなかでいちばん大事な工程である洗い。ぜひ色々と試しつつ、洗い方をマスターしていってください。