知ってる? ジーンズ「洗い」の常識

ジーンズは洗い方によって異なる表情を見せます。本物の通の中には余計な「加工感」が出ることを嫌って、洗わない人もいるとか…。しかし、衛生的に考えればジーンズもきちんと洗いたいところです。汗や皮脂が過度に付着すると、ジーンズが破れやすくなるという問題もあります。ジーンズの洗い方のルールと、「洗い」に関する用語をいくつか紹介しましょう。ジーンズを穿くすべての者が避けて通れない問題なので、ぜひチェックを。

ジーンズ用洗剤を使おう

せっかく手に入れたジーンズを、一般的な洗剤で洗ってはいけません。必ず専用の洗剤を使って、丁寧に洗ってあげてください。さすがに薬局やスーパーマーケットでは手に入りませんが、アマゾンなどのネットショップを覗けば、割合リーズナブルに購入できます。

また、ジーンズを洗うときには、ボタンとジッパーを止め、裏返して洗ってください。洗濯機とこすれ合うと、不自然な色落ちが生じる場合もあります。縫製部分のほつれが気になる場合は、ネットに入れて、よりデリケートに洗ってあげるのがオヤジの嗜みです。

洗濯後は、表面を軽くはたいてシワを取り、風通しの良い場所で日陰干ししましょう。

洗いにまつわる用語たち

★リジッド
レプリカジーンズは、未洗いの状態で買って自分の手で洗い、そこから履きこんでいくのがルールです。「未洗い」のことを、「リジッド」と呼びます。糊が利いてパリパリしている状態なので、このまま着用することはできません。

★ワンウォッシュ
売りに出す前に一度洗ったジーンズのことを、「ワンウォッシュ」と呼びます。もうほとんど縮む心配がないので、買ってすぐに着用し、育てていけるメリットがあります。

★ストーンウォッシュ
加工が入ったジーンズの中には、石と一緒に洗濯機に入れて、自然なアタリを出しているものもあります。これが「ストーンウォッシュ」です。割合古くからある洗いのテクニックですが、洗濯機が故障する場合もあるので、自宅で実践するのはNGです。

「洗い」に関するアレコレ、理解してもらえたでしょうか? 当然ですが、ジーンズを洗うときは、色移りを防ぐためにも、単独で洗濯機を回すようにしてくださいね。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.