体型をカバーするスタイリングテクニック

お腹がでっぷりと出てしまっているのでどうしてもスタイリングがきまらない。足が太いから、おしゃれなパンツが似合わない、などと悩んでいる人は少なくありません。こうした自分の不得意とする部分は、ダイエットや運動である程度カバーできることもありますが、そう簡単には変えられないもの。なんとかもっと簡単にカバーできる方法がないものかと、気にしている人もいるでしょう。

こうした悩みはある程度、スタイリングで補うことができます。服の選び方一つで、体型は大きく変わってくるのです。見た目の印象を変えることができれば、自信をもってジーンズファッションを楽しむことができるようになります。スタイリングでコンプレックスを解消しましょう。

お腹をすっきり、首を細く魅せるためには?

ウエスト周りがでっぷりとしていてとても気になる、という人もいるでしょう。それをカバーするために、ウェストに絞りのある服を選んでいる人もいるでしょうけれど、それは逆効果。トレーナー(スウェットシャツ)やジャンパーなどの裾に、ゴムなどで絞りが入っているものを着ると、腰の位置で全体が止まり、腹の部分が膨らみます。その形がゆえにお腹の出ているのが目立たなくなると考えがちですが、むしろ目立ちます。ウェストに絞りがないと、胸から腹にかけてのラインがストンとまっすぐに落ちるため、腹が出ていないように見えるのです。直線ラインになる服を選ぶべきです。

首が太い人は、いわゆる「タートルネックセーター」を着るとさらに太く見えてしまいます。首周りをスッキリさせた方が目立ちにくくなるので、VネックやUネックを選ぶべきです。首の周りに空きができれば、太さも短さもカバーできます。

お尻をきゅっとしまって見せたい。足の太さをカバーしたい!

ジーンズをはくときに一番気をつけたいのがお尻の形。女性の場合にはかなりお尻に気を配る人が多いですが、男性はそうでもありません。ポケットの位置が下の方にあり、かつ、大きいものをはいていると、お尻が垂れ下がっているように見えます。ルーズな感じに着こなしたいときにはいいのですが、スッキリ見せたければ、ポケットの小さいもの、上の方についているものを選ぶべきです。

また裾に向かって細くなるタイプのものは、足を太く見せます。ストレートかフレアのパンツなら足の太さが目立たなくなります。

太った下半身を無理に細いジーンズに収めるとEDに!?

中年になるとお腹が出るとか、お尻が垂れ下がってしまうなどの体型の変化があらわれます。ジーンズが似合わなくなった、と感じたら体型が崩れた証拠です。幸いジーンズは生地が丈夫なので無理矢理穿くことが出来るのですが、それが頻繁に続くと、EDになるかもしれませんよ?ED、すなわち勃起不全は血行不良が原因となる場合が多く、長時間オートバイや自転車に乗り続けたり、きつい服で身体を締め付けたりするのもよくありません。

無理に脂肪を押さえつけてスリムに見せ、女性にモテようとしても、そのせいで男性機能が衰えてしまっては元も子もありません。身体にジャストフィットしたサイズのジーンズに替えるとともに、念のためメンズクリニックを訪れてEDの問診を受けてみては。もし何もなければそれでよし、仮にEDの兆候があったとしても、今はバイアグラなどの治療薬で多くの場合改善することが可能です。気軽に問い合わせしてみてください。

体型をカバーするには、アイテム選びが大切です。気になる部分をカバーして、かっこよくキメましょう。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.