着やせしてスマートに見せるスタイリング

体型は同じでも、着ている服によって、スリムにも太っているようにも見えてしまうことがあります。色や柄の選び方一つで、どういう風にも見せることができるのです。そうした基本を知っておくことで、ジーンズをよりかっこよく着こなすことができるでしょう。

体型が気になる人は、まず、全身が映る鏡の前に立ち、一番気になる部分はどこなのかを探ってみましょう。首や腕、お腹周りや足、全身のバランスなど、人それぞれ「欠点」は異なります。そこを目立たないようにするのが、スタイリングの基本です。服を買うときには形や色など好みだけで選ぶのではなく、体型のことを考えて選ぶのも大切なポイントです。

着やせのポイントとは?

お腹やヒップをカバーしようと、ついつい大きめのサイズのものを選ぶ人が多いですが、むしろ逆効果です。着やせするためには、ジャストサイズのものを選ぶことが大切です。だぶだぶの服を着ているだけで、他人からは太っていると思われがちなのです。素材も注意して選びましょう。たとえばカーディガンを選ぶ際には、ざっくりと編まれたローゲージニットよりも、編み目が密で生地が薄いものの方が確実にやせて見えます。

また、弱点に視線が集まりにくくする工夫も必要です。足の太さをカバーしたいときには、襟もとに華やかな色のマフラーをすれば、視線が下に行くことがありません。相手の目をそらすことも大切なのです。

寒色系で痩せてみせる!

色には暖色系と寒色系があります。言葉の通り、温かい印象を与える色と、寒い印象を与える色です。ベージュや白、淡いオレンジ、淡いピンクなどの暖色系・膨張色系の色の服は、太って見えてしまいます。明度や彩度が高い色は横広がりに見えるという特徴もあります。暖色系・膨張色系の色を着るときにはインナーなど面積を小さくすると良いでしょう。

黒や紺、濃紫、こげ茶色などの収縮色、寒色系の色はやせて見える色です。明度や彩度の低い色は、スッキリと引き締まって見えるのです。下半身に寒色系を使うと特にやせて見えます。ジーンズも濃い目の色が良いでしょう。

ラインづかいで痩せて見せる

縦のラインの服と横のラインの服とでも、見え方が異なります。横広がりのボーダーは太って見えてしまいます。逆に縦長のストライプは、やせて見える上に背も高く見えます。総柄シャツを着る場合には、細かい水玉などの小さな柄を選ぶのがベター。大きな柄のものは横広がりに見えるため、全体が膨張してしまいます。

柄物のシャツなどを選ぶときには、立てのストライプか小さな柄のものにしましょう。どうしても横じまの服を着たいときには、ボーダーの幅が細いものを選ぶのがベターです。

気になる体型は、服の色や柄などを工夫することでカバーできます。着やせしてスマートに見せるスタイリング、スマートに見せるためのアイテム選びには、体にフィットしたもので薄い素材のもの、寒色系・収縮系の色のもので、縦縞や小柄のものが基本です。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.