形を知ろう~レギュラー、ファット

ジーンズには、形だっていろいろある! 「レギュラー」「ファット」は少しゆとりを持って穿きたい方におすすめ。コーディネートのコツや靴との合わせ方も知って、上手にジーンズの良さを引き立てましょう。

ジーンズの形にも、いくつかのバリエーションがあります。似合うフォルムも、人それぞれです。あなたの体型、脚の形にフィットしたジーンズは、一体何でしょうか? もっとも一般的な「レギュラー」と、やや太めの「ファット」の特徴をご紹介しましょう。
【完全保存版】リーバイス品番別シルエットまとめ(パンツ編) - NAVER まとめ

スタンダードに決めるなら

「レギュラー」とは要するに一般的な形のジーンズです。ウエストから裾まできちんと脚の形を考慮して作られ、ややテーパード(裾に向けたすぼみ・絞り)が入っています。特に「きついのは嫌!」というアラフォー・アラフィフ世代にはぴったりなデザインです。

★似合うファッションは!? レギュラージーンズは、コーディネートを選びません。カジュアルからハード系までばっちりとハマります。しかし、手持ちの服にディーゼルやドルチェ&ガッバーナなどのハイブランドで細身の品が多い方は、よりスリムなジーンズを選んだ方がいいでしょう。

★靴との合わせ方
スニーカーでもブーツでもOK! 特に裾をブーツにインするスタイルは、最近トレンドです。ロールアップすれば、夏のサンダルスタイルにもフィットします。

遊び人風に決めよう!

「ファット」なジーンズは、腿にも裾にも、たっぷりと余裕を持って作られています。贅肉が下半身まで来ているオジサマも、ゆるい雰囲気で決めたい方にもおすすめです。やや腰穿きして、社会の決まりにとらわれない自由なオヤジを演出しましょう!

★似合うファッションは!?
MA-1やG-1と合わせてガチガチのアメリカ風に着こなすのもOK。あえてトップスをタイトにして、緩急をつけたコーディネートにしても面白いでしょう。

★靴との合わせ方
ごつめのワークブーツや、ハイカットのスニーカーが定番です。トゥの尖ったウエスタンブーツや細身のシューズには似合いません。下半身はハードにまとめるべきでしょう。

他にも、ブーツカットやスリムなど、いくつかのフォルムがあります。別にページを設けて紹介するので、よりタイト&クールに決めたいオヤジは、そちらもご覧になってください。まず「何が似合うか」を知らなければ、ジーンズ選びの成功はありえません。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.