ジーンズの寿命と捨てる基準を学ぶ

ジーンズを捨てる基準について、皆さんは何か決めていることがあるでしょうか。ジーンズも布地でできている洋服である以上、いつかは寿命が来ます。それに、はかなくなったジーンズを、いつまでも手元に残すことはナンセンスとでしょう。今回は、ジーンズの寿命と捨てる基準について考えてみることにしましょうか。

修復できないほどのほつれや穴がある

ジーンズに修復できないほどの、ほつれが発生したり穴ができたりしたら、そこで捨てるタイミングが来たと考えて良いでしょう。なかには、わざとダメージ感を与えるために雑に使用してほつれや穴を発生させる人もいるかもしれません。しかし、ダメージを希望しない状態でも、ほつれや穴が気になるようになったら、そこでジーンズの寿命と考えるべきでしょう。

少しのほつれや穴ならば、上手く修復することでまだはき続けることができます。しかし、修復不可能な状態にまで進んでしまうと、ジーンズとしてはき続けることが難しくなるでしょうね。

もしも、ジーンズとしては使い物にならなくなっても、ハギレとして小物を作成するなどの利用価値はあります。ダメージの少ない部分を選んで、活用する方法を考えるのもひとつの方法ですよ。

サイズがまったく合わなくなった

長くはいているうちに、体型が変化したせいで、サイズがまったく合わなくなることもあります。体型に合わないジーンズは、捨て時と考えても良いのではないでしょうか。もしも、使用感が少ない物だったらリサイクルに出す方法もあるでしょう。

サイズが合わなくなったジーンズをはき続けることは、見た目にもあまりよくありませんし、女性からの受けも期待できません。普段からバイアグラなどを飲んでいざというときに万全の態勢を取る努力をしていても、女性から見放されてはその努力も水の泡ですよね。

自分の体型に合わなくなったジーンズは、潔く処分することを考えましょう。もしくは、ジーンズをまたはくために元の体型に戻すか、ですね。しかし、オヤジ世代の男性が体型を元に戻すことは至難の業でしょう。ここは、やはり処分する方向で考えることをおすすめします。

流行遅れや好みの変化

購入したときはお気に入りだったジーンズも、月日が経つと流行遅れのシルエットや加工になることもしばしばありますよね。また、自分の中で好みの変化が起きることもあるでしょう。

手持ちのジーンズを見ても、流行遅れや好みの変化によって、はきたいと思わなくなったのなら、ある意味でジーンズの寿命を終えたと考えても良いでしょう。購入したときは、流行や好みに合っていて十分に活躍してくれたわけです。それが、役割を終えたと考えるのはとても自然なことですよね。

もったいないから、といつまでも手元に置いておくのはナンセンスです。というのは、保管スペースも必要ですし、着ない物をそのままにしておくと素材も劣化していくだけだからです。流行遅れや好みの変化ではかなくなったジーンズは、やはりそう意識した時点で処分するべきでしょうね。

まとめ

何らかの理由ではかなくなったり、はけなくなったりしたジーンズは、寿命と考えて処分したり捨てたりしましょう。いつまでも手元に置いておくよりは、潔く処分してしまったほうがスッキリします。寿命が来たジーンズを片付けた後は、また新しいジーンズの購入を考えてみてください。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.