ジーンズがNGなレストラン・シチュエーション

ジーンズを愛用している人は、それこそ毎日ジーンズをはいているなんてことも多いでしょう。しかし、少し改まった高級レストランやフォーマルなシチュエーションでは、ジーンズがNGとなることも多いですよね。マナーを知らなかったばかりに、同行者に恥をかかせるようなことがあってはいけません。それでは、主にどんな場面でジーンズ着用がNGになるのか、改めて確認してみましょう。

会社の採用面接

会社の採用面接に、ジーンズで出掛けることはタブーです。ほとんどの人は、面接と聞けばスーツと思い浮かべることでしょう。しかし、普段着で可という言葉を真に受けてしまい、ジーンズ姿で面接を受けに行った人もいます。面接結果は、言うまでもないでしょう。

ジーンズは、会社員としての服装にふさわしくないと考えている会社も多いです。普段着で来て問題ない、と言われても、会社の採用面接には無難にスーツ姿で出かけてください。会社に勤めるとなると、来客や接客を担当することも少なからず予想されます。

面接では、この人が会社に入って仕事をするにふさわしい人物かどうかを見極めます。そのときに、ジーンズ姿で来てしまったら、一般的に常識が無い人とみなされてしまうでしょう。会社の採用面接には、ジーンズはNGであることを再認識しておいてください。

ゴルフ場

ゴルフ場も、ジーンズ姿ではNGということとご存じでしょうか。いわゆる打ちっぱなしのゴルフ場のことではなく、コースを回るような正式なゴルフ場ですね。ゴルフは紳士のスポーツと言われているため、ジーンズだとマナー違反とされるのです。

ジーンズはもともと作業着として作られたという経緯からも、作業着でゴルフを行うのはとんでもないと考えられているようです。なんとなく、ズボンなら何でも良いのではと認識していた人も多いのではないでしょうか。

もしも、ゴルフ場に出掛ける機会があったら、ジーンズで行くことはやめてください。ただ、ゴルフ場でもジーンズで入れるところも増えてはいるので、念のため確認の電話を入れると良いでしょう。

高級レストラン

高級レストランではドレスコードがあり、ジーンズはほぼ禁止となっています。高級レストランでは、その場の雰囲気も重要なので、カジュアル過ぎるイメージのあるジーンズは受け入れてもらえないのです。

うっかりジーンズで出掛けてしまったがために、予約を入れたのにもかかわらず入店を断られてしまった人もいます。これでは、マナーを知らなかったために、同行者に恥をかかせるようなことにもなるでしょう。高級フレンチやイタリアンなどのレストランもそうですが、和食でも格式が高い料亭や寿司店には、ジーンズで行かないでくださいね。

御座敷に上がるような料亭や寿司店では、そもそもジーンズだと座りにくいはずです。もちろん、ジーンズ以外のラフな格好もNGとなるでしょうが、機能的な面を考えても納得ですね。いずれにしても、高級レストランなどに出かけるときは、その場にふさわしいドレスコードを守ることで楽しい時間を過ごしてください。

まとめ

会社の採用面接や、高級レストランなど改まった場所、それにゴルフ場など、ジーンズをNGとしている場所やシチュエーションは案外多いものです。それは、ジーンズがカジュアル過ぎる服装と判断されることによります。残念ながらジーンズが認められない場合は、それぞれの場所のドレスコードを守って、楽しい時間を過ごしてください。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.