ひと工夫でジーンズスタイルをワンランクアップ

男女問わず、ジーンズスタイルはどうしてもシンプルになりがちですね。女性ならアクセサリーやバッグで華やかさをプラスすることは簡単ですが、男性、しかもオヤジと呼ばれる世代の人がジャラジャラとアクセサリーをつけるわけにはいきません。シンプルなスタイルも素敵なのですが、やはりたまにはコーディネートをワンランクアップさせたいはず。シンプルなスタイルにひと工夫して、大人なワンランク上のジーンズスタイルを目指しましょう。

ジーンズと相性のいい小物たち

まずはジーンズと相性のいい小物を知っておきましょう。定番からちょっと冒険したものまで、知っておくと便利です。

・サングラス
シンプルなスタイルをよりスタイリッシュに仕上げてくれる、取り入れている人も多い小物ですね。白いTシャツにジーパンにサングラスを加えるだけでも大人な感じがプラスされ、オシャレに見えます。サングラスを取り入れるならカッチリとしたジャケットスタイルではなく、ラフなポロシャツやTシャツとあわせましょう。パーカーやトレーナーとの相性もいいです。

・マフラーやスカーフ
抵抗のある男性が多いかもしれませんが、マフラーやスカーフを上手に取り入れているスタイルは女性からも好評。首元にアクセントとなるカラーを入れたり、ボリュームを出すだけでおしゃれ感が格段にアップします。冬は防寒にもなるので一石二鳥。首周りを一周させ両端を前に垂らすスタイルや、二周ぐらいさせて首元にボリュームを持たせるスタイルがアクセントにもなるのでおすすめ。スカーフも同様で、ネクタイ風にして前に垂らすとスタイリッシュに仕上がります。

ちなみにどうしても首周りに何かを巻くのは苦手なら、タートルネックを着るのもおすすめ。ジャケットやコートとの相性もよく、ジーンズスタイルを上品にしてくれます。白やグレーなど、シンプルな色でたてラインが入ったものならスタイルをよく見せてくれる効果もありますので、一度試してみてください。

・革製品
ジーンズと相性のいいもの、といえばやはり革製品。男性ならば革製のブレスレットがおすすめです。コーディネートのアクセントとしてはもちろん、それをつけているだけでもおしゃれっぽく見える不思議かつ優秀な小物。シルバーアクセよりも大人っぽい雰囲気なので中年世代がつけていても違和感がない、というのも嬉しいですね。シンプルなジーンズスタイルにあわせるなら存在感のある、ボリューミーなタイプがおすすめ。とくに腕にグルグルっと巻きつけるようなタイプならボリュームがありながらも腕を細く見せてくれる作用があるので、引き締まった男の腕を演出できます。腕時計とあわせ、重ね付けもおすすめです。

忘れちゃいけない、靴との相性

ジーンズスタイルのなかでいちばんのポイントになるのは靴です。靴の選び方次第でカジュアルにも上品にもワイルドにも、色々なあなたを演出することができます。

ジーンズとの相性がいい靴といえば、やはりスニーカー。定番を責めるなら、インパクトの大きいゴツめのスニーカー。ナイキのエアマックスを代表とするハイテクスニーカーやニューバランスなど、色使いも形もインパクトの大きなものを選ぶとセンスよく見せられます。

また裾をかるくロールアップするなら、履き口の浅いローカットスニーカーやスリッポンもよくあいます。ジャケットを羽織りきちんと感を出しつつも、スリッポンで抜け感を出す、なんてあわせ方も。さらにロールアップする幅を変えればハイカットスニーカーもしっくりきます。スニーカー、といっても種類が豊富なのでその日のスタイルに合わせて何種類か持っておくとコーディネートの幅が広がるでしょう。

そして中年世代におすすめするのは、革靴やローファーなどきちんと感を出せる靴。もちろんビジネス用ではなく、普段履きできるようなタイプのものに限りますが案外しっくりきます。色は黒ではなく、ジーンズの青系の色と相性のいいブラウン系がおすすめ。かたい印象を与える革靴も、ブラウンでやわらかい印象になるのでグッとかっこよく見えますよ。少しだけロールアップし、素足で履くと大人の色気も演出できますよ。

このように、シンプルにしかなり得ないと思われがちな男性のジーンズスタイルも小物やあわせる靴によって与える印象を大きく変えることができます。ブレスレットやスカーフなど、小物をひとつプラスするだけでも十分です。ぜひ新たなスタイルとして取り入れてみてください。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.