ガシガシ穿くならフラットヘッド

肉厚なジーンズをお探しなら、フラットヘッドで決まり! ハードな使用にも耐えうる強度が魅力です。激しい色落ちと、ずっしりと来る履き心地を楽しみましょう。

分厚いヘビーオンスのジーンズでハードに決めたいならば、フラットヘッドのデニムをおすすめします。荒々しい使用にも耐えうる強度があるので、作業系の仕事をしている男性にもぴったり! ヒップポケットのステッチもスタイリッシュなデニムブランドです。

>>>ザ・フラットヘッド - FLAT HEAD COMPANY | 公式サイト<<<

ここがこだわりのフラットヘッド

フラットヘッドのもっともスタンダードなモデル、3000番台の特徴は、ムラ糸を高密度に打ち込んだ約14.5オンスの生地です。どこかデニム全体に荒々しい印象が漂うのも、この厚めの生地のせい。また、独特の技法を用いた「染め」にも定評があります。通常のデニムブランドは、染料に漬けた後、空気に触れさせて酸化させる作業を10回程度繰り返しますが、フラットヘッドのデニムはそれを20回以上繰り返しているそうです。

そもそもフラットヘッドは、ヴィンテージのジーンズを扱うショップとしてスタートしました。だからこそ、ヴィンテージの欠点を明確に知り尽くし、オリジナリティがあり、痒いところに手が届くジーンズが作れるのでしょう。仕事用、普段用、デート用…あなただけの穿き方を見つけて、使用状況・頻度に沿った独自の経年変化を楽しんでいきましょう。

★即決ポイント
鳥の羽を模したようなヒップポケットのステッチが、最高にクールです。強度の高いジーンズをお探しならば、フラットヘッドの3000番台が有力な候補となるでしょう。

おすすめのモデルは!?

フラットヘッド製品でもっともスタンダードなのは、3005番のジーンズ。レギュラータイプのジーンズで、初めての人にもとっつきやすいモデルです。より細身なモデルをお探しならば、3001番のタイトストレートがおすすめ! 現在、若者を中心に大人気のいわゆるスキニーデニムで、肌と密着するため、早めにダメージが表れてきます。

★フラットヘッド×コーディネート
分厚いジーンズなので、ペラペラなシャツやカジュアルなスニーカーとはマッチしません。同じく肉厚なレザージャケットや、ごつめの編み上げブーツがおすすめ。古着屋で探せば3万円以内で見つかるはず。ジーンズと一緒に、革製品もオヤジ風に育てていきましょう。

数あるレプリカブランドの中でも、ここまでヘビーデューティーな品もありません。毎日でもガシガシと穿きたい人は、フラットヘッドのジーンズを相棒にしてください。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.