おじさんのジーンズの着こなしはココがダメ!

若い男性はどんな感じにジーンズをはいていても、比較的許されますよね。それは、彼らが若いからであって、素材の若さがジーンズの着こなしにプラスされているからです。しかし、おじさんたちはそうはいきません。おじさんたちのジーンズの着こなしで、思わず眉をひそめたくなる点はどんな点なのか、確認していきましょう。

丈が短すぎるジーンズでも平気

なぜか、ジーンズの丈が短すぎるおじさんがいます。7分丈ジーンズのつもりとしても、中途半端な短さになっているイメージですね。裾を切るときに長さを間違ってしまうと、このように丈が短すぎるジーンズになってしまいがち。

でも、丈の短いジーンズをそのまま平気ではいていることがダメなのです。靴との相性もありますが、総じて中途半端な丈のジーンズはみっともない印象を与えるものです。おしゃれにこだわる男性は、ジーンズの丈の長さにも気を遣っていてそのときに合わせた靴と絶妙なバランスを見せてくれるものです。

よほど足の長い人以外は、新品のジーンズを買ったときに丈を直してもらうことが多いでしょう。適当に長さを決めることはやめて、店員とじっくり相談して決めてください。家でジーンズの裾上げを行う人もいますが、その場合も適当な長さにしないことが肝心です。心配ならば、最初は長めにしておいて実際にはいてから再度調整すると良いですよ。

サイズが合っていないジーンズをはいている

ジーンズは、ジャストサイズではきましょう。あまりにゆったり過ぎたり、反対にキツキツに見えたりするジーンズは、おじさん世代には難しいです。ジーンズは、腰のサイズに合わせることを基本に前後のサイズを試着するなどして、慎重にサイズ合わせをしましょう。

同じブランドの同じサイズの物でも、型によって自分に合うか合わないかがハッキリするものです。ウエストサイズや腰回りのサイズを見て適当に選ぶのはいけません。必ず試着をして、実際にはき心地などもたしかめながら選びましょう。

やせ型の人がゆったりすぎるジーンズを選んだり、太めの人が無理をしてスキニーなジーンズを選んだりすると、周りから見ていてあまり良いものではありません。おじさん世代の男性は、サイズはジャストサイズ、形はごくシンプルなタイプを選んだ方が無難でしょう。

よくわからないプリントがされたジーンズをはく

ジーンズにプリントが入ったタイプがありますが、これもおじさん世代の男性には厳しい目が向けられがちです。プリント入りのジーンズは、なんらかのこだわりが強く感じられますよね。好きなブランドなり、キャラクターなり、はいている人の強い個性が出ているものです。

なかでも、いったいこれは何のプリントなんだろうと思ってしまうような難解な柄のプリントをはくおじさんは、ちょっと引かれてしまうでしょう。どこで買ったのだろうとか、どうしてそのプリント入りのジーンズを気に入ったのだろうかとか、要らぬ詮索をさせてしまいます。

プリント入りのジーンズは、個性が有り過ぎるからこそ、はきこなすことが難しいのです。特によくわからない柄だったりすると、周りから見ている立場としては頭の中に疑問がいろいろと浮かんできてしまうのですね。しかも、おじさん世代の男性がはいていると、ますます理解しがたいと思われることを覚えておいてください。

まとめ

ジーンズをはいているおじさん世代の男性をよく観察すると、着こなしがダメだなと思われる例がたくさんあります。スマートにジーンズをはきこなすおじさんを目指すならば、今回取り上げたようなダメな例を参考にして、自らの着こなしをチェックしてみてくださいね。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.