安いジーンズと高いジーンズの違い

価格の高いジーンズと安いジーンズは、どこに差があるのでしょうか。一見して、同じような見た目のジーンズであっても、価格が10倍ほど開くこともありますよね。今回は、安いジーンズと高いジーンズの違いについて、どんなところが差になっているのかをじっくり学びましょう。

素材の違いが価格に反映する

価格を決定する要素としては、素材がまず挙げられるでしょう。高いジーンズには丈夫で上質な素材が使われています。一方、安いジーンズは生地も薄くてそれなりの質になるでしょう。

一般的に、製品化するときの原価を考えたとき、大きく影響するのが素材と言われていますから、どうしても安いジーンズには良い素材を選びにくくなることも納得できる話です。安いけど素材が良い、となるとかなりの原価率になるのでメーカーもほとんど利益がなくなってしまいますから、なかなか踏み出せないのです。

しかし、素材の良し悪しは、長くはけばはくほどわかってくるものです。素材が良くない物は、すぐに穴が開いてしまったり破れてしまったりするでしょう。あえて、ダメージ感を出したい場合は別として、やはり素材の質が良い物の方が、長い間楽しめるのも事実なのです。

縫製が良いか雑かの違いもある

価格の安いジーンズは、縫製が雑なことがとても多いです。理由は、海外の下請け工場で大量発注しているためですね。費用を安く抑えるために、仕上がりは二の次になっているケースも多いでしょう。縫製も、価格の高低に大きく影響を与えていることは事実です。

縫製の良し悪しは、見た目にも縫い目がつっているなどの点に表れることもあるでしょう。
しかし、問題ははき心地や持ちにも影響してくる点です。縫製が悪いと、動きにくい仕立てになったり、ほつれやすくなったりして何度も手直しが必要になることもあるでしょう。

その点、縫製が良いジーンズは細部まできちんとしています。ほつれることも少なく、見た目的にも縫い目が美しいことでしょう。縫製の良さを重視しているジーンズは、当然価格も高くなりますが、それだけの価値があるのです。

ブランド名だけで高いこともある

ただし、素材や縫製の良さが価格に反映されているというよりは、ブランド名だけで高い価格になっていることもあるので注意しましょう。有名ブランドの名前が付くだけで、価格はかなりはね上がるものです。有名ブランドのジーンズだからと言って、良い物だろうと思い込むのは間違いです。

いくら有名ブランドのジーンズでも、価格に見合っていない物もあります。もちろん、高級ブランドは自社製品の品質にこだわりがあることが多いので、すべてがそうとは言えません。ただ、自分が買うときに、高い物だから良い物だと思い込むことだけは止めましょう。

ブランド物のジーンズは、素材と縫製、それにブランドの物という付加価値で、価格が成り立っています。そのブランドの物ならば、何でも良いという人はのぞいても、最低限品質チェックをしてからの購入は必要でしょう。

まとめ

安いジーンズと高いジーンズの差は、素材と縫製、それにブランド名などが理由になることがおわかりになったでしょう。素材や質は良いことに越したことはないので、購入時は予算を考えつつ最良の物を選ぶようにしてください。また、有名ブランドだからという理由だけで、価格が高くなっていることもありますから、注意しましょう。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.