ジーンズでもダサいと言われるタイプは?

オヤジ世代のジーンズ選びには、特に気を遣う必要があります。ジーンズだからと言って、何をはいても良いわけではありませんよね。そのときの流行にも左右されるものの、一般的にダサイと評価されるタイプもいくつかあります。ジーンズの選び方しだいでは、皆さん自身の評価が「ダサイおやじ」となってしまうので、注意しましょうね。

穴が開いたジーンズ

おやじ世代の男性で、穴が開いたジーンズをはくことは大変危険です。もともとイケメンと評される男性であっても難しいのに、一般男性がはくと単にみっともないおやじにしか見えなくなるでしょう。

穴が開いたジーンズは、上級者のおしゃれアイテムです。残念ながら、一般的なおやじ世代の男性がはくと、みすぼらしくなってしまうケースがほとんど。まだ若い世代ならば許されても、さすがにおやじになってからは無理があるでしょう。

たとえおしゃれで穴が開いたジーンズをはいていても、周りから見ると、穴が開いているのにまだはいているなんてダサイとか、若作りをしていて痛々しいと思われるだけです。穴が開いたジーンズがおしゃれとして通用するのは、ごく限られた人たちだけの特権と言えるでしょう。

ケミカルウォッシュジーンズ

ひところ流行ったケミカルウォッシュジーンズは、ダサイと言われるジーンズの代表格ともなっています。ちょうどバブル期前後に流行したので、おやじ世代の男性にはなじみが深いかもしれませんね。

最近でも少々見直されたことがあるものの、ケミカルウォッシュジーンズは人を選ぶことはたしかです。特に形がストレートではなく、裾の方が細くなっているスリムタイプになると、無理があるでしょう。

同じウォッシュ加工でも、自然な色落ち加工ならまだしも、おやじ世代の人は、ケミカルウォッシュジーンズは避けたほうが良いでしょう。どうしてもはきたい、という人は自分に本当に似合っているかどうかだけは、少なくともクリアしてください。また、ダサイと言われたくないのなら、周りの評価も参考にしましょう。

股上が深すぎるジーンズ

最近のジーンズは、どれも股上が浅めに作られています。ただし、日本人体型には股上が浅いジーンズははき心地が悪いなどの理由で、あまり好まない人も多いでしょう。それにしゃがむと下着が見えてしまうのも、困りものです。股上の浅いジーンズは、ファッション性重視で作られていますからね。

だからと言って、股上が深く作られたジーンズに安心してはいけません。股上が深いジーンズをはくと、ウエストのあたりでベルトを締めることができて安定はします。しかし、鏡の前で自分の姿をよく見てください。

股上の深いジーンズは、なんだかダサイと思うことでしょう。そもそも、ジーンズは腰ではくものであって、ウエストでベルトをきつく締めてはくものではないのです。ダサイと言われたくなかったら、股上の深いジーンズは止めておいたほうが賢明でしょうね。

まとめ

おやじ世代だからこそ、ジーンズでもダサイと言われるものは避けるべきです。若い世代がはいていてもまだ許されますが、おやじ世代がダサイと言われるジーンズをはいているとかなり厳しいでしょう。流行おくれだったり、みっともなく見えたりするタイプのジーンズは、避けてください。「ダサイおやじ」になりたくなかったら、今回ご紹介したタイプを含め、ジーンズ選びにも気を付けましょう。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.