イカすジーンズのためにメタボを克服!

ジーンズが似合うのは、細身の体型であることは間違いありません。もちろん、やせ過ぎでもこまりますが、メタボ体型はもっと悲惨です。せっかく素敵なジーンズを持っていても、自分の体形がメタボなために台無しにしたくはないですよね。そもそも、メタボ体型ではジーンズ自体をはくことすらできない、なんてなりがちです。

ジーンズが似合うのは細身の体型

ジーンズが似合うのは、男性でも細身の体型の人になります。骨と皮しかないような、ガリガリの人は論外としても、お腹が出ているメタボ体型の人にジーンズが似合うとも言えませんよね。

若い男性が颯爽とジーンズをはきこなしている様子を見ると、彼らは一様にスリムです。細身のシルエットが流行っていても、スリムな彼らにはまったく問題ありません。反対に、今ひとつ着こなしが野暮ったく見える人の特徴を考えて見ると、お腹が出ているなどの中年体型、いわゆるメタボ体型の人が多いことでしょう。

もしも、本当にイカすジーンズをはきこなしたいと思っているのなら、メタボの人は是非とも努力してメタボ体型から脱出できるようにしてください。やせてスリムになると、どんなシルエットのジーンズでも、素敵にはきこなすことができますよ。

メタボではだらしないおじさんに見えるだけ

ビンテージ物や一品物など、これはと思うジーンズを持っていても、メタボ体型ではくとなんとなくだらしない感じがしてしまいます。多すぎるお腹の脂肪がベルト部分に載ってしまっていたり、お尻がパンパンになっていたりなど、残念な部分が強調されてしまうからでしょうね。

ジーンズは伸縮性が乏しいので、現在の自分の体形をそのまま表してしまう性質も持ちます。つまり、スタイルが良い人はそのスタイルの良さを強調してくれますが、逆にメタボ体型の人はだらしなさを強調してしまうわけです。

残念ながら、どんなに高価で貴重なジーンズをはいても、メタボ体型ではだらしないおじさんの印象をぬぐうことはできないでしょう。そもそも、チャックやボタンが閉まるのか、という根本的な問題もありますよね。いずれにしても、良いジーンズをはきこなすためにも、メタボ体型のままではいけないのです。

メタボを克服すると健康にも良い

メタボを克服すると、イカすジーンズをはきこなせるようになるだけではありません。メタボを克服することは、健康に良いことを思い出してください。特に、中高年の男性には切実な問題でしょう。

中高年になると、高血糖や高脂血症、高血圧などが気になることでしょう。そして、これらはメタボ体型と深いかかわりを持っています。つまり、メタボを克服することで中高年に多い生活習慣病を予防したり改善したりできるのです。

メタボを克服してスリムな体型になれば、どんなシルエットのジーンズでも、またビンテージ物で価値の高い物でも、キレイにはきこなすことができる上に、生活習慣病とは縁がなくなるのです。なにはともあれ、メタボ体型の人は今すぐ改善努力をするに越したことはないでしょうね。

まとめ

ジーンズをはきこなすためにも、また健康のためにも、中高年の男性は特にメタボ改善に努力しましょう。メタボ体型のままでは、どんなに良いジーンズもだらしなく見えてしまって損です。メタボを解消できてスリムな体型を手に入れると、さまざまなメリットが手に入りますから、ぜひともやってみてくださいね。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.