形を知ろう~タイト、ブーツカット

スリムなジーンズは、時代の主流。スキニージーンズでさっぱりと決めても良し! 裾だけが広がったブーツカットでオリジナルな着こなしを追求しても良いでしょう。個性に合わせた選択ができれば、それだけで勝ち組です。

スリムに穿けば、ジーンズにもよりダメージが与えやすくなります。自分なりの「味」を早めに出していきたい方は、「タイト(スキニー)」「ブーツカット」のいずれかを選ぶと良いでしょう。肌にフィットする感覚が楽しめるのも、スリムなジーンズの魅力です。
【完全保存版】リーバイス品番別シルエットまとめ(パンツ編) - NAVER まとめ

間違いない! 時代はスキニー

現在ではスキニーデニムと呼ばれることも多い、「タイト」なジーンズ。体型さえフィットすれば、当然中高年の男性にもぴったりの品が見つかるはずです。裾の絞りもきゅっと決まっていて、全体的にさっぱりとした「クールな男」の印象が漂います。

★似合うファッションは!?
下をスリムに決めると、やはりトップスも体のラインの浮き出る細身の品を選ぶ必要があるでしょう。メタルフレームのメガネと合わせれば、知的なイメージがあふれます。「ちょっとビール腹が気になる」…というメタボな男性には、残念ながらおすすめできません。

★靴との合わせ方
タイトなスニーカー、ブーツが基本です。しかし、あえて厳めしいワークブーツを合わせても決まります。クロックスなどの楽ちん靴は、このジーンズにはハマりません。

普通じゃないから、面白い

ベルボトム・パンタロン・ラッパと呼ばれるジーンズはすべて「ブーツカット」と呼ばれる種類のジーンズです。各種のブーツに似合うように、裾がふんわりと開いたデザインになっています。現在はトレンドの主流から外れていますが、だからこそマニアックな「穿く楽しみ」があります。

★似合うファッションは!?
ちょっと珍妙なブーツカットは、カラフルな着こなしが良く似合います。アロハシャツにバンダナを巻いて、ヒッピー風に決めても良いでしょう。街の視線が独占できます。

★靴との合わせ方
ブーツカットという名称の通り、やはりフィットするのはブーツです。トゥの形も丸っこくてもスクエアでもOK! しかしよりエキセントリックな着こなしを狙うなら、ご機嫌な「トンガリブーツ」がおすすめです。ハデハデしいものを探してみましょう!

時代の中心のタイトジーンズ。流行ではないものの、自分なりの着こなしが追求できるブーツカット…あなたは何を穿きますか? 個性に合わせてセレクトしてください。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.