日本初のジーンズメーカーBIG JOHN

日本初の国産ジーンズを製造・販売したブランド、BIG JOHN。その創業はあのEDWINよりも早く、かつては「東のEDWIN、西のBIG JOHN」と呼ばれていました。

BIG JOHNの歴史

BIG JOHNは1940年、尾崎商店という名前の個人事業者として創業しましたが、第二次世界大戦中ということもあり主に軍服などの加工を行っていました。戦後になり学生服や作業服の製造をはじめましたが少子化や制服自由化などの影響により製造量が激減、窮地に立たされることになります。そんな中、起死回生のチャンスとして目をつけたものがジーンズです。

1950年代当時の若者にとって映画俳優のジェームズ・ディーン、マーロン・ブランドのジーンズ姿は憧れの的でした。しかしジーンズの輸入は規制されていたため米軍の中古ジーンズが人気となっていました。こうした背景からBIG JOHNは1965年ついにジーンズ製造へと踏み切ったのです。その後、ジーンズ製造に関するさまざまな困難を独自の工夫で乗り越えたBIG JOHNは1973年ついに全ての材料を日本製にした「純国産のジーンズ」を完成させました。

独自の洗い加工

1965年当時、ジーンズの材料であるデニムは全てがアメリカからの輸入品でした。また生地の重さも普通の生地の3倍ととても重く、さらに糊加工もしてあったので製造したジーンズはゴワゴワしてはき心地が悪いものでもありました。しかし1968年にBIG JOHNが「洗い加工」技術を開発したことで状況は一変しその悩みは解消されました。

実はこの「洗い加工」技術はとても大胆な方法で行われていました。使うのは業務用の洗濯機。そこに洗剤を入れてガラガラと文字通り「洗濯」していたのです。当初はクリーニング店に作業を依頼していましたがすぐにクレームがついてしまったので、機械ごと買い取って社内に洗濯場を作り、そこで何度も洗いを繰り返すことで柔らかな生地を作ることに成功するとともに、色あせた中古の風合いを出すことにも成功しました。

「BIG JOHN」の名称は創業者の名前から

BIG JOHNという名前が誕生したのは1967年のことです。この名前は創業者である尾崎小太郎をもじって付けられました。はじめは日本のポピュラーな名前である「太郎」を同じくアメリカでポピュラーな名前の「JOHN」に置き換えた「LITTLE JOHN」という名称を予定していました。しかし「”LITTLE”では大きな商売はできない」として力強さのある「BIG 」を冠し「BIG JOHN」と命名されました。

自社でデニムまでも開発したBIG JOHNは国産ジーンズの先駆けとしてその名を知られるようになりました。その国産へのこだわりが生み出すジーンズは、普段使いだけではなくテーラードジャケットなどと合わせても見劣りしないカジュアルファッションとして注目されています。

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.