ジーンズが「冒険」を予感させる

若い女性たちは、有り余る体力を抱え、常に「冒険」を期待しています。しかし、周りを見渡せば同年代の男どもはみんな草食系…彼らとのロマンスには、魅力がありません。そこへジーンズオヤジが登場。そのヤンチャな印象に、一発で引き込まれてしまいます。

オヤジとの「冒険」を予感させるジーンズに関して、2人の女性の声を聞いてみましょう。

ジーンズは語る…俺について来い!

「基本的に、オジサマ世代は好きじゃありません。とにかく話が説教臭いし、スケベっぽいし、なんか、変なこともされそう(笑)でも、ときどきすっごく素敵に感じられる人もいて、大体そういうオヤジはジーンズを穿いてますね。髪とかも茶色っぽく染めていたりして、子どもかよ、って思うんですけど、その無邪気な感じが逆にイイんです。

街を歩いていると、よく若い男に声を掛けられます。大体はガリガリのギャル男で、こういう人とは絶対ありがちなデートしか楽しめないだろうな、って思うから、無視。

でもカッコいいジーンズを穿いてるオヤジを見ると、『俺について来い』って言われてるようで…つい自分から声を掛けそうになることも、正直あるかな。(19歳 アルバイト)」

楽しい人といると、笑顔になれる

「最近、友達のお父さんに初めて会いました。私は母子家庭で育ったので、家の中に大人の男の人がいるって、すごく新鮮に思えました。満面の笑みで歓迎してくれて、『なんかいいなあ』と私は思ったんですが、友達は、『絶対エロいこと考えてるよ』とひどいことを言ってましたね(笑)でも、それでもやっぱり私は、彼女のお父さんは素敵だと思います。

それから何回か土日に遊びに行っていますが、会うたびに同じジーンズを穿いて、せっせと車を洗っています。あの車でどこかに連れて行ってほしいな、とか、ちょっとアブないことを考えたりして…(笑)でも、変な意味じゃなくて、ああいう笑顔のおじさんといると、自分まで楽しい気持ちになれるだろうな、って、そう思うんです。(21歳 学生)」

こだわりのジーンズを履きこなして街を歩き、クルマの世話をするオヤジは、女性に「非日常的な体験」を想像させるようです。あなたの知識と社会経験を武器にして、ジーンズでその下半身を鎧い、彼女たちをめくるめく「冒険」に連れて行ってあげませんか?

Copyright© ハードに穿くジーンズ All Rights Reserved.